鉄道と観光、そして架空の模型鉄道「京電」

鉄道と観光の体験ブログと架空の模型鉄道、京電(1960年代から成長していきます。)、ユーチューブと連動しています。

京電を語る32...宅地開発を考える。

京電は、架空の模型鉄道です。

 

電鉄会社にとって不動産開発は、

沿線にお客様を増やし、経営を

安定するために重要な手段ですね。

 

私が幼いころの能勢電でも沿線の

宅地開発に力を入れていましたね。

鴬台、ときわ台、光風台なと。。。

 

京電でも京電都市駅から奥の支線の

宅地開発で駅名改称を検討しています。

二ノ瀬駅を京電もみじ台駅にして、

朝夕のラッシュ時折り返し電車の

新設のダイヤ改正を準備中です。

 f:id:BMbitman:20190219111912j:plain

区間列車新設し、増発して、支線の

京電都市~京電もみじ台を通常

30分ヘッドから、15分ヘッドに

する予定です。


写真は、京電もみじ台に停車中の

試運転1201-1202編成です。

f:id:BMbitman:20190219163516j:plain

 

ダイヤ改正の概要ですが、

1.二ノ瀬駅を京電もみじ台駅に改称。

2.朝晩のラッシュ時に、区間列車、

京電都市~京電もみじ台間の新設。

3.増発に伴う車両増備はありません。

 

 

京電支線運転20190219試運転

京電は、架空の模型鉄道です。

写真は、パソコン机にミニレイアウトを
埋め込んでみました、いつでも外せます。
f:id:BMbitman:20190219161037j:plain

暗くて撮影も難しく、狭くて手動ポイントの
操作もしにくい状況です。

今回は、ダイヤ改正に向けた試運転。
写真は、京電もみじ台折り返し電車の
試運転です。
f:id:BMbitman:20190219161735j:plain

写真は、貴船口駅にて普通列車の離合。
f:id:BMbitman:20190219162440j:plain

今日は、狭いので、稼働させる車両数を
減らして運転、運用しています。
f:id:BMbitman:20190219161914j:plain

京電を語る31...ダイヤ改正は、鉄道趣味の祭り?

京電は、架空の模型鉄道です。
f:id:BMbitman:20190218230437j:plain
ダイヤ改正、鉄道趣味の中でも
祭り的な出来事のひとつで、
国鉄JRで年に1回、私鉄になると
数年に一度の出来事です。

写真は、阪急京都線ダイヤ改正看板。
f:id:BMbitman:20190218230503j:plain
ダイヤ改正によって、新型車両が
登場したり、列車種別が変更、
特急などの停車駅が変わったり、
と鉄道趣味にとっては、祭りです。

京電でも、人口増加中の高度成長時代
なので、ダイヤ改正は、列車増発、
新車登場など、プラス志向の流れに
なっています。

今の京電では、駅名改称や列車本数の
増加などを検討しています。

しかし、現代の鉄道では、廃線
列車の廃止、減便、車両編成の短縮化
など、縮小に向かうことが多いです。

京電では、楽しい時代の鉄道を
再現していきたいと思います。

京電を語る30…ワンマン運転

京電は、架空の模型鉄道です。


今では、鉄道のワンマン運転
あたりまえになりましたが、
私の子供のころは、日立電鉄
ぐらいしかワンマン運転の鉄道は、
ありませんでした。

京電では、日立電鉄のように、
ワンマン運転で鉄道運営して
います。

京都市内から少し奥なので、
通勤輸送と観光輸送の鉄道ですが、
時間帯によって、混雑と閑散の差が
激しく、朝のラッシュ時には、
一時間当たり最大16本の運転が
あります。
昼間には、普通列車のみの4本と
なります。(支線は、通常2本。)

写真は京電支線の普通列車、ワンマン
運転で運行されています。
f:id:BMbitman:20190218224100j:plain

早い時代から、京電は、ワンマン
運転を実施し、合理化しています。

写真は、ワンマン運転能勢電1700系。
f:id:BMbitman:20190218231919j:plain

京電を語る29…京阪の影響

京電は、架空の模型鉄道です。
f:id:BMbitman:20190217210332j:plain
京阪の本です、去年かな?発売は。
すぐに買いました、京電の時代と
重なる記事が多いので…

京電は、京阪の昇圧前の時代を
強く影響しています。

それは、その頃、阪急宝塚線から、
京阪へ電車を見に通っていたから
です。

特に平日朝のラッシュ時に、
京阪旧型車のオンパレードで、
樟葉急行を先頭に、準急、区間急行と
次々と走ってくるのが楽しみでした。
f:id:BMbitman:20190203213607j:plain
京電の朝ラッシュ時もそのような
感じを表現しています。
youtu.be

京電を語る28…京阪の昔を書いた本

京電は、架空の模型鉄道です。
f:id:BMbitman:20190216184113j:plain
鉄道ピクトリアルのアーカイブ
セレクションの京阪特集1960-1970
年代です。

京阪が、高度成長時代の輸送力増強で、
一気に車両の新造と更新を
進めた記事たくさんあります。

今、京電の表現している時代
そのもので、この本は、
面白かったです。

わたし自身の生まれる前から、
幼いころの京阪の雑誌記事を
まとめたものですから…

1形式少両数の多形式活躍の時代で、
次は、どんな形式の車両がくるか、
楽しみの時代でもありましたね。
f:id:BMbitman:20190203204439j:plain
京電でも、1形式少両数の多形式の
鉄道車両が活躍しています。
bmbitman.hatenablog.com